Excel業務を自動化するミニアプリつくります。
Web - Azure, React, API
実現可能な機能はほぼ無限大。クラウドと組み合わせればAIや機械学習の機能まで実装可能。商品差別化に向けた投資に最適。
自由度Excel代替ノンプログラミング将来性スマホ
Office - Access, Excel, SQL Server
データ加工を中心とするExcel業務は完璧にこなせます。働き方改革と事務スタッフ様のスキルアップにおすすめ。
自由度Excel代替ノンプログラミング将来性スマホ
Office365 - Power Automate/Apps, Sharepoint
既存システムのRPA化や、ワークフローをノンプログラミングで作成できます。データ転記や承認フローの自動化に最適。
自由度Excel代替ノンプログラミング将来性スマホ
下請けに任せず自社で開発をするお客様のシステムをつくり続けて10年。弊社に業務効率化のノウハウがあるのには理由があります。それは、下請けをしないこと。多重下請構造の頂点にいる大手SIerや、その下請で実作業をする会社などと違い、弊社はお客様と直接向き合い、業務の自動化を実現してきました。
お客様の気付かない業務上のパターンを見つけ出すその中で気付いたことは、お客様も矛盾したことを言うし、社内で意見が違うこともある。お客様は専門家ではありませんし、異なる人間が集まれば様々な意見が出ます。そんなとき弊社は、技術的な観点からだけでなく、全社的な観点から、業務が最適になるようなご提案をします。例えば、丁寧な仕事をする方ほど、細部にこだわるあまり例外を重視しすぎる傾向があります。しかしながら、例外的な事象を全体的なシステムに一般化する考え方ができる方は、あまり多くないと感じています。本当のシステム化は、バラバラに見える事象にパターンを見付け出すことにあるのです。
利用できてはじめてシステムシステム開発にはリスクがつきものです。そしてリスクは通常、お客様が負担します。 何億円もかけて全く使えないシステムが完成した、なんてことはよくある話です。弊社のシステム開発では、開発リスクは弊社が負担します。具体的には、開発費を最小限に抑え、利用を開始してから利用料として料金をいただきます。 お客様はシステムを利用することで得られるメリットに応じた利用料を支払うため納得感がありますし、 システムを利用できないと判断した場合は最小限のリスクで済むことになります。この方式は、自社で開発できる技術を持つからこそ可能になります。 下請けに発注すると開発時間分だけ費用も膨んでしまいます。
クラウドを利用するから低コスト。リモート勤務、グローバル展開に強い弊社の開発は基本的にMicrosoftのクラウド基盤であるAzureを利用します。 クラウドを利用することで、サーバーや設置スペースなどの初期投資なしにマシンリソースを利用できます。またハードウェアの故障、メンテナンスが不要で、専用の人員を置く必要がありません。 将来的にリソースを追加したいときは、システムを止めることなくスケールアウトできます。近年リモート勤務が話題になっていますが、クラウドにデータを置くことでパソコンさえあれば仕事ができる環境を構築できます。 さらにAzureのリージョンは世界中に拡がっていますので、システムのグローバル展開に威力を発揮します。弊社は日本のほか、アジア展開向けに香港事務所、中国展開向けに深圳事務所を設置しています。また、グローバル向けのシステムは各ローカル言語でお使いいただけます。
Excel出力へのこだわり世界の業務ロジックの80%はExcel上にあると言われています。 お客様のExcelシートを拝見すると、非常に複雑なロジックが組まれ、運用されていることに驚かされます。弊社のシステムは、使い慣れたExcelを無理に置き換えようとはしません。 優れた分析ツールとしての長所は残しつつ、Excelの弱い点を補う仕組みをご提案します。Excelの弱い点は、データとレイアウトが混在するため、データの再利用が難しいところにあります。 またデータ入力のインターフェースとしては、Excelよりも今やWebやモバイルの方が親切ではないでしょうか。ただ、Excelはデータを並べて比較したり、自由に分析したりする点では非常に優れています。 また企業間をつなぐ帳票のフォーマットとしては今後も根強く残っていくと思います。弊社のシステムではExcelを、フォーマットにこだわってきれいに出力します。また、既存の分析シートへボタン一発でデータをインポートできます。
佐倉クラウドアプリケーションズ株式会社285-0858 千葉県佐倉市ユーカリが丘4-1-1-S5info@szx.jp050-3635-5424