Microsoft 365で電子帳簿保存法に対応する方法

2022-08-23
技術

Microsoft 365 の SharePoint を使って電子帳簿保存法に対応する方法をご紹介します。

電帳法の要件と Microsoft 365 での実現例

要件 Microsoft 365 での実現例
訂正・削除履歴 SharePoint のバージョン履歴、コンプライアンスの監査機能を利用。
相互関連性 SharePoint のプロパティに「書類種別」などを追加。
関係書類 マニュアルを整備。
見読可能性 SharePoint に接続できるパソコンを準備。
検索機能 SharePoint のプロパティに「取引年月日」、「取引金額」、「取引先」を追加。
フィルターや検索機能を利用して検索。

実現手順

1. 365 管理センターより Microsoft365 グループを作成します。

グループ名は「管理」とし、グループに必要なメンバーを追加します。

グループの追加
メンバーの追加
グループ追加の確認

グループのメールアドレスは"kanri"にしておきます。

2. グループのドキュメント内に「電子帳簿」フォルダーを作成します。

テナント名(***.onmicrosoft.com)が"mytenant"だとすると、 https://mytenant.sharepoint.com/sites/kanri にアクセスすると先程作成したグループの SharePoint が開きます。

フォルダーの作成

3. プロパティに「取引年月日」、「取引金額」、「取引先」、「書類種別」を追加します。

取引年月日
取引金額
取引先
書類種別

4. 電子帳簿フォルダーにファイルをアップロードし、3 で追加したプロパティを記述していきます。

プロパティ
プロパティの入力
結果

ご相談は無料にて承っております。お気軽にお問い合わせください!