よくある質問

FAQ

システム開発FAQ

  • 構築してもらったシステムを社内や他社でカスタマイズできますか?

    はい。Access2010を基盤として開発していますので汎用性が高く、ご自身や他社様でも引き続きカスタマイズしていただけます。
    ソースコードもお客様の資産としてお渡しいたします。

  • サーバーはWindowsAzure以外にも選択できますか?

    はい。ただしSQL Serverに対応していることが条件となります。クラウドでなくても、社内のWindowsServerに構築することも可能です。

  • クラウドのセキュリティが心配です。

    安全にご利用いただけます。通信にはSSL暗号化とIPアドレスによるファイアウォールの2重のセキュリティをかけています。サーバーはMicrosoft社の管理となります。

  • Accessファイルを共有したいのですが。

    おすすめはしませんが、可能です。共有フォルダにAccessファイルを設置し、各PCにAccessプログラムをインストールし、データのみ共有して利用することも可能です。
    ただし同時更新ができないなど、Access独自の制限があります。同時閲覧は可能です。

  • システム構築可能な地域は?

    アジア全域で対応可能です。東アジアでは香港(または中国北部・東部)、東南アジアではシンガポールのWindowsAzureサーバーを利用します。ただし、中国北部・東部はMicrosoftからライセンス提供を受けた21vianetの提供するAzureサーバーとなります。

コンサルティングFAQ

  • 会社設立、ビザ取得など行政手続や、記帳申告代行、会計監査などを依頼できますか?

    関連会社と業務パートナーにより可能な体制です。中国側は深セン市水野企業管理咨詢有限公司、香港側はKing Accounting Ltd.が対応します。

  • 中国のERPシステムはどのようなものがありますか?

    金蝶と用友が2大パッケージです。弊社では両者とも対応可能です。他に日系や欧米系のパッケージ、自社開発のものを使われる会社さんもいらっしゃいます。

  • 中国、香港の会計ソフトはどのようなものがありますか?

    香港ではMYOBやPeachTreeが主流のようです。中国では金蝶と用友が有名ですが、速達や潤衡を選択される会社さんもいらっしゃいます。

  • ERPシステム導入監査など、部分的な業務をお願いできますか?

    はい。原価計算システムを外部で受託開発される場合など、財務会計的な妥当性を評価する監査を行うことも可能です。

  • システムを導入せずに原価計算の体制を構築することは可能ですか?

    必要なデータが整備されていれば、簡便的な方法を用いて可能です。目的と費用に応じて最適な体制をご提案できます。

  • 原価計算システム導入で起こりうる問題はどのようなものですか?

    ソフトウェア開発会社はできるだけ大規模なシステムを売り込もうとして、本来必要でないモジュールまで購入してしまうことがあります。
    弊社では経営目的から考えて必要なものだけを選択し、簡便的な方法を採れる場合はそちらも併せてご提案します。 また中国では原価計算教育が行き渡っておらず、現場スタッフ任せにしていると開発会社の言いなりになったり、
    せっかくシステムを導入しても意図したアウトプットが出てこなかったりしてしまいます。

  • J-SOXとは何ですか?

    内部統制の確保を目的として、日本の会社法で大会社に義務付けられている体制の整備・運用のことです。
    大会社は、業務フロー、業務記述書、リスクコントロールマトリックス(RCM)を文書として整備・運用し、これに対して公認会計士の監査を受けます。 弊社ではこの3つの文書作成業務を代行しています。