中国・為替レート取得Excelマクロ

中国国家外貨管理局のウェブサイトからExcelシート上に指定期間の為替レートを取得するExcelマクロです。

中国の会計実務では外貨管理局の為替レートを公式レートとして用います。
日本で発生した費用を中国で精算する場合などは、発生日レートを取得する必要があります。

このExcelマクロでは期間を指定するだけで自動的にExcelに為替レートを取得できます。
日々の繰り返し作業の省力化にご利用下さい。

概要

  • 中国国家外貨管理局ウェブサイト(www.safe.gov.cn)より、指定した期間の為替レートを取得します。
  • 最大取得期間は3ヶ月以内のようです。
  • 為替レート取得ボタンを押すとInternetExplorerが起動され、自動的に為替レートを取得して終了します。
  • Windows7 32bit、Excel 2010、InternetExplorer 10 で動作確認済です。
  • ウェブサイトが開かない場合はブラウザを閉じて、Excel上でEscを押してください。

ダウンロード

中国為替レート取得Excelマクロ (143 ダウンロード)

使い方

ご自身のPCにダウンロードして、Excelから開きます。
マクロを有効にします。

china_fx_01

期間を指定して「為替レート取得」を押します。
よくある期間の指定(当月度、前月度、直近1ヶ月、直近2ヶ月)は右側にボタンを用意していますのでご利用ください。

china_fx_02

“data”シートに為替レートが出力されます。

china_fx_03

参考書籍

『Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術』

この本のコンセプトが面白かったので自分でもつくってみました。
「プログラミングって何の役に立つの?」と言われたときに、インターネットから自由に情報を取得できるメリットは大きいと思います。

JavaScriptなどと同じDOM (DocumentObjectModel) という技術をExcelでも使っています。
DOMはHTMLの要素をプログラミングで扱うための技術です。
これを応用すると、分析に使えるデータがかなり増えるのではないでしょうか。

[amazon asin=4844333844&template=iframe image]